【新着ラノベ】これも日本のクトゥルフだ!『うちのメイドは不定形』2巻遂に登場!

うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫)



紙本では3年、kindle版でも長期間続巻を待たされていた『うちのメイドは不定形』2巻が遂に登場!

うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫) [Kindle版]
森瀬 繚 (著), 静川 龍宗 (著), 文倉 十 (イラスト)
レビュー11件 ★★★★★

内容紹介
「もっともっと美味しいごはんを作ってさしあげますからね!」 優しくて献身的で家事万能、だけど人外。不定形のメイドさん、テケリさんが新井沢(あらいざわ)トオルのもとにやってきてから一ヶ月ほど経った。魔術師を名乗る級友のあさひ・ピーバディとその使い魔バロールは、五月の事件後も彼らの家に入りびたり、ほとんど居候状態。あさひはテケリさんと、トオルはバロールとそれぞれ交流を深め、クラスメイトを自宅に招待したりと、楽しくもウィアード(奇妙)な感じの日々が続いていた。そんな日常を、一本の電話が大きく揺るがせた──『お前の家、見張られてるぞ』。意外な人物の到来と、一方的に告げられた突然の別れにトオルが叫ぶ時、とっておきの魔女の切り札、ピーバディ家第二の遺産が<出撃>する! 語られなかった数多くの謎が解き明かされていく中、長らく続きが待ち望まれてきた不定形メイドとご主人様の物語が今、改めて開幕!


■関連作品

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :


更新履歴
カテゴリ
リンク